【英語の発音】外人みたいな発音になりたい!コレをマネするべき!

こんにちは。Ayaです。

外国人のネイティブの発音ってどうしてあんなにカッコよく聞こえるのでしょう?

アメリカの発音、イギリスの発音、オーストラリアの発音など

耳に入ってきてそれぞれ心地よく、いつか自分も彼らみたいにスラスラ英語を綺麗な発音で喋ってみたい!と思いますよね。

 

ただ「日本人には英語の綺麗は発音は難しい」「どう練習してもなかなか身につかない…」と思う方も少なくはないはず。

留学先や仕事の先方との取引でも、英語は日常会話くらいなら話せるけど、発音のせいでうまく伝わらない!(泣)ということもあります。

英語の発音の中でも日本語にはない音もあるので、私も留学していた時によく日本人と韓国人は英語の発音が綺麗ではない、という話もよく聞きましたし、私自身もたくさん留学先でアメリカ人の友だちに発音のことで笑われた経験ありです。(笑)

そんな私も今では、見ず知らずの海外の方と話す時に必ず「君は発音が綺麗だね!どこかで勉強していたの?」と言われるほどに。

そこで、どうやったらネイティブスピーカーの彼らみたいにスラスラ綺麗な発音で英語を喋れるようになるか、紹介していきたいと思います!!

 

難易度① 歌をマネするべし!

これは本当に発音がぐっと伸びます。

ただ洋楽を聞いて、歌詞を見ながら何回も歌うだけ。

本当にそれだけ?と思うかもしれません。もちろん継続が必要になってきますが、これだけで十分伸びます。

難易度①としてますが、ラップとかは激ムズなので歌えそうな歌から歌ってみるのをオススメします!

私は過去に「英語なんぞ舌を巻いとけばなんとなく英語っぽく聞こえるし、その上に大事なのは文法とか単語でしょ!」と思っていました。

でもいざアメリカ人などの英語ネイティブスピーカーと話す時、いつもすんなりと私の言っている事が伝わらず…。

なんでだろうと思った時に彼らから指摘されたのは、発音の事でした。

発音がよくないと、どんなに英語ができても伝わらずに終わってしまうんだなと、そこで初めて知りました。

そんな時に1番はじめに私が行ったのが、「好きな洋楽を歌うこと」。

  1. 話題になっている洋楽で歌いやすそうな曲をピックアップ(好きな歌)
  2. 歌詞サイトを見ながら再生。一緒に歌う。(本人のマネ!)
  3. 慣れてきたら歌詞見ずに再生で歌う
  4. 口が慣れてきて自然と綺麗な発音で歌えるように♪

洋楽とか正直疎い…という人は、Billboardなどの世界ランキングのサイトやYouTubeをチェックしてみてくださいね^^

ポイントは本人にそっくりに歌うこと聞き取りづらいところは何回も聞いて、同じように歌えるように繰り返し練習をします。洋楽はとても早く感じるかもしれません。でも慣れてくると絶対に歌えますよ^^

 

世界で流行った曲でさらに割と歌いやすい曲は、映画The greatest showの曲全般がオススメ。

その中でも特に「This is me」はゆっくりめで歌いやすいです。

後は、映画ボヘミアン・ラプソディでも出てくるQueenの有名曲は歌いやすいです。なぜかというと、彼の発音はハッキリしていて、とてもマネしやすいです!

後は、個人的にテイラースウィフトのヒット曲「Love story」と「You belong with me」はよくカラオケでも歌って今でも発音強化をしています。彼女の発音も綺麗でとても聞きやすいです。

ちなみに、これはShadowing「シャドウイング」といって、影のように続けて話す事と似ています。

shadowingという勉強法はよく英語に強い大学でも実施している効果力の高い勉強法なので、本当にオススメです。

洋楽聞き放題オススメ!

まだ音楽ストリーミングサービスを使っていない人はぜひこちらをチェックしてみて!

music.jp  dヒッツ;

難易度② セリフもマネするべし!

コレもやってみて!

よく見る洋画の好きなセリフを本人と同じようになりきって発音するだけ!

イギリス訛りを覚えたいなら、ハリーポッター。アメリカならアベンジャーズなど使い分けてみてください。

それぞれの国でどんな言い回しがよく使われやすいのか学べるので、会話の引き出しも多くなります

オススメなのは、恋愛コメディなど現実味のある内容の海外ドラマや映画です。

専門用語なども少なく、普段の外国人の会話がそのままなので、より頭にも入りやすいです!

 

難易度③ 発音記号を理解して、つづりを考えながら発音する

発音記号を覚えなくてもいいですが、見てパッと答えらればさらに良いでしょう!

記事【脱!日本人訛り】英語の発音をネイティブにする方法5選でも似ている発音について紹介しましたが、

日本人にとても難しいとされる発音が、「æ」と「θ」と「ð」と「v」と「r」と「l」です。

この発音気をつけよう!

æ…アとエを同時に言うように発音 (apple、happyなど)

θ…thの時。軽く舌を歯で挟みながらシィと発音 (think、healthy など)

ð…同じくthの時。軽く舌を噛みながら、ズィと発音 (that、theseなど)

v…ビーではなくヴィーのように軽くVを発音(very、victimなど)

r…ラリルレロの音を、ウラ・ウリ・ウル…と唇がつかずに舌を巻いて発音。(rightなど)

l…ラリルレロの音を、明確に舌を上顎につけて発音。(lightなど)

これさえ綺麗に発音できるようになれば、綺麗だねと言われるようになります。

そのためには、英語のつづりを理解している必要があります!つづりさえしっかり知っていれば、わからない単語が出てきたとしても綺麗に自身持って発音できますよね^^

なによりも楽しむべし!

何を極めるにしても「楽しむ」ことが一番大事です。

好きな事だったらもっと調べたい気持ちも出るし、極めたい!と思うのが普通ですよね^^

ここで紹介してきた事は、好きな外国人歌手の曲を歌って、好きな映画や俳優さんのセリフをそっくりに練習する。

ることはシンプルで、なによりも楽しみながら発音を極めることができます。

私はこの方法で、外国人の方に素直に褒められるようになりました!!

今からでもできるので、ぜひ同じ方法でネイティブスピーカーのようにかっこよく英語を話しちゃいましょう!

Aya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA