あなたも海外移住向き!?海外移住に向いている10タイプ

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

近年、海外移住者や海外移住希望者が増え続けています。

海外に住む」って、日本という独自性を持った国にいる私たち日本人にとって

大イベントであるし、ものすごく勇気がいることだと思います。

英語がペラペラで、おしゃれな街並みを毎日歩いて、

周りには外国人の友達がたくさんいる…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな日常って夢のまた夢だと思っていませんか?

海外経験あまりないし、移住って憧れるけど

向いているかどうかもわからないし…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こう思う方もたくさんいると思います。

Ayaも留学に行くまでは、頭に海外移住という考えでさえもなかったです!

そこで、海外移住が向いている人を紹介していきたいと思います。

これを見て、海外移住がもっと身近なものだと感じていただけたら嬉しいです。

あなたは何個当てはまるかな?

 

海外ドラマ・洋画が好きな人

今やHuluだけでなく、NetflixやAmazonプライムなど、海外ドラマや洋画が手頃な価格で見放題です。

海外ドラマは特に量も多いし、見続けていると海外生活に憧れを抱くものです。

私もそのうちの一人。最近見続けているのはPretty Little Liarsです。

つい劇中に出てくる外人オシャレ女子さんみたいに海外で過ごせたら…と思います(笑)

旅行が好きな人

旅行が好き=新たな場所が好き。いろんな発見が好きな方に多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行が好きな人は好奇心旺盛。日本とは全く違う世界に興味を抱きます。

私も含め、私の周りも何カ国も旅している人が多いです。

どんどん海外に対してボーダーがなくなってきていますね!

 

海外文化に興味がある・好きな人

日本で育ってきた人の中でも、日本特有の文化だけでなく他の国の文化に興味を持つ人がいます。

全く違う世界にワクワク感を感じたり、もっと知りたい!と心が欲したら、

きっとあなたは海外移住に向いてるかも。

 

留学・ワーホリをしていた人

 

 

 

 

 

 

 

 

私もそうですが、留学経験やワーホリしたことある人は、海外に一定以上住んでいた人です。

語学力アップのためだけでなく、なにかを学ぶためや、海外で働く経験をしてみたかった、等

 留学・ワーホリのきっかけは様々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそこの国で、現地の言葉を使い、現地の人のような生活をしていると、

次第に移住をしたくなってくる人もいるようです。

私の海外移住したいと強く思ったきっかけも、留学でした。

 

留学・ワーホリから帰国後、逆カルチャーショックになる人

海外にうまく適応した人は、日本での生活に違和感を感じてしまうことも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれ育った大好きな日本なはずなのに

海外に慣れすぎて、前まで普通だったことが違和感に感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その狭間にいて辛く感じ、その上海外が自分の居場所だと実感する人も少なくはないはず。

私も留学から帰ってきて約3年ほど経ちますが、未だに逆カルチャーショックを感じることもあります。

 

なにごとにも挑戦する人

シンプルですが、こういった人はとにかく好奇心旺盛でポジティブ!

なによりも自分の成長のためになんでも挑戦したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外では全てがNEW。その全てを受け止めて自分の経験にするので、海外移住が向いています。

Let’s just do it 🙂

 

日本の価値観に違和感を感じる人

日本にはたくさん素晴らしい文化があります。

おもてなし、接客のクオリティー、交通機関が多い上に時間も正確などなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし一方では社会問題になっていることもあります。

過労死問題、少子化、待機児童、残業は当たり前、満員電車など。

特に日本はワークライフバランスが一般的によくない傾向にあります。

その上、日本人ならではの独特な価値観もあります。

 例えば、同調圧力(言わずとも空気を読む、読めない人はおかしいという無言のプレッシャー)や

客の立場になると、態度が大きくなりクレーマーも多いなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった環境にストレスを感じて、海外に飛び出す人も少なくはないはず。

私は留学でアメリカの環境に慣れすぎて、それから客観的に日本を見れるようになり、

これらのことを感じるようになりました。

 

常夏が好きな人

年がら年中暖かく、湿気も少ない、ヤシの木、透明度が高い海、時間の流れが遅い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いつくところは、ハワイですよね(笑)

日本人にとってハワイは楽園。夏が大好きな人には最高なロケーションですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも実際にハワイに移住って物価が高いし、難しそうと感じる人も多いはず。

(もちろんハワイ移住の人もたくさんいます)

そこで、物価が安くて常夏の場所、東南アジアなどに移住する人も増えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は新卒で日本企業に入りましたが、もしどこも内定が貰えなかったらマレーシアかタイに

移住しようと思っていました。未だに考えることもあります。

 

アイデンティティ(自己同一性)が確立されている人

いい学校を卒業したら、一流企業に勤めて、結婚子供も産んで、定年まで働いて…

という一般的に決まったレールが存在しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし自分がしたいことはなんだろう?自分が本当になりたい職業は?

どういう大人になりたいか?どういった人でいたいか?どんな生活をしたいか?

 

 

 

 

 

 

 

 

それらを自分の中でしっかり確立していった人、そして実際にそれらを実現しようと

行動におこせる勇気のある人は海外という個々が大事な文化に合っています。

これを見てるあなたも、きっと内に秘めている「本来の自分と未来」があるはずですよ:)

Be yourself♫

 

日本での生活が飽きた人

毎日同じ職場に行って、一年の半分以上を勤務時間に当てて、とにかく同じ生活で

自分の中で何かが腑に落ちていない、人生を楽しめていない感じがする。

そんな人が思い切って海外移住を決意することが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

海外移住に合う合わないは、行ってみないと分からないもの。

でも上の10タイプに少しでも多く当てはまったのであれば、海外移住への光があるかも。

私は来年ごろ、海外移住を目指しています。

海外に飛び出すことって、お金や仕事、もちろん様々なことを考えなければいけませんが、

なにより大事なことは、勇気だと思っています。

 

一歩踏み出す勇気と本気さがあれば、人間なんでもできるんです:)

 

このPassionを忘れずに、目標に向かって私も頑張ります!

また海外移住のステップなど、経験したことをどんどん発信していこうと思います。

それでは♪ See you soon!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA